高性能なのに安いと評判のサムスン製スマートロック。おすすめの製品はどれ?【Samsung】

スマートロックを自宅に導入したいという方は昨今多くいるかと思いますが、

そういった方々の大半は、日本製の商品を買うことを当然のように検討しているかと思います。

日本製なら「頑丈」「安心」「安全」と漠然と感じているからではないでしょうか。

でも実は、何かあったときのための安心感や高性能さを求めて日本製を「なんとなく」

選ぼうと考えているのであれば、実はそれが裏目に出てくることもあるというのは知っておいて損はないかと思います。

他の業界は分かりませんが、ことスマートロックに関しては中国製や韓国製の商品のほうが、コスパも性能も高いという場合が往々にしてあるからです。

その中でも今回は、韓国のSAMSUNG社のスマートロックを紹介していきたいと思います。

目次

韓国ではスマートロックが当たり前

韓国といえば昨今、K-POPや韓流ドラマが注目されているかと思いますが、

実はスマートロック界でも韓国の存在感は際立っています。

私は韓流ドラマをほとんど見たことはないのですが、韓国には何度か訪れており実際の現状を見ています。

現地へ行くと、ほぼ9割の家やオフィスがスマートロック化されている印象なのですが、

その形も様々で、デジタルなボタン式のものもあれば最先端なデザインのものもあり、

多種多様な製品が販売されているのを、現地の鍵屋(日本と同じようにモールの隅にポツンとあります)で見てきました。
(参考:https://moneyzine.jp/article/detail/213254

その中でも、このSAMSUNG社のスマートロックは、現地でもよく見るタイプですね。

聞くところによると、ドラマでもこのスマートロックが度々画面に映るそうで、それだけ実績のある製品と捉えることができるでしょう。

余談ですが、私は一戸建てに住んでいて、周りの住人とは挨拶程度でほとんど交流することはないのですが、それでも目の前の家がサムスン製スマートロックを利用していることを知っています。

何故かといいますと、サムスン製のスマートロックには「解錠音」に特徴があるから、実際に見たことはなくても音で分かるのです。

このあたりは後ほど説明していきたいと思います。

サムスン製スマートロックの特徴

さて、とはいえ日本ではあまりサムスン製の製品を見ることが多くないので

一体どういった特徴の企業なのか、いまいち分かりません。

そこで今回軽く調べてみたのですが、

サムスンという企業はCampaign Asia-Pacific社(英)がニールセン社(米)と共同で毎年実施している

アジアのトップ1000ブランド総合ランキングで、9年連続で首位を維持しているそうです。

また、スマートロックといえばスマートフォンと連動することが定義となっているわけですが

そんなスマートロックの販売数においても、世界一を毎年のように獲得しているとのことです。

ちなみに、2位は中国のファーウェイ社で、3位が米Apple社となっています。

サムスンと聞くと、なんとなく三井や三菱のような「財閥」というイメージで、何でもやっているというイメージが有ったのですが、もともとはこういった電子製品を取り扱う企業なので、スマホの販売数を見ることでその本質が分かるランキングとも言えるでしょう。

私はサムスンのスマートロックを現地で何度か利用したことがありますが反応がとにかく良いので、高性能な製品という印象があります。

あ、そうそう。

「反応」で思い出したのですが、先ほどお伝えした解錠音に関してですが、

基本的にサムスン製のスマートロックはどれも、ドアを解錠する時に

「ピンポンピンポン♪」という音が聞こえるんです。

それで、向かいに住んでいる方がサムスン製のドアロックをつけていると気付いたわけです。

サムスン製スマートロック一覧【ドアロック】

このように、サムスンのスマートロックは良いですよといっても、

実は販売している製品は一種類ではありません。

そこで、一体どの製品を買うべきか、Amazonの購入者がつけて星の数と合わせて

ここで一通り紹介していきたいと思います。

注意していただきたいのが、金額が安いと感じるかと思いますが、

以下の製品は全て、スマートフォン連携が非対応です。

そのため、厳密にスマートロックとはならないかもしれませんが

個人的にはその利便性の高さやスマートフォンと連携しないことでの安心面から

あえてスマートフォン連携をしないことでの価値があるかと思いますので、

スマートフォンとの接続が必ずしも必要かどうか、まずは各自でご検討いただければと思います。

また、海外製品ということもあり、Amazonなどで販売されている製品の金額にはバラツキが見られますので

表示してある金額はあくまで目安になりますので、ご注意を。

ちなみにどの製品も「オートロック」になります。

SHS-D500【星4.5】 ¥20,000

こちらは引き戸用のスマートロックになります。

開き戸タイプではありませんので、注意して下さい。

デザインは開き戸のそれとほぼ同じですが、内鍵の仕様が異なっています。

とはいえ、基本的には開き戸でも対応可能なようです。

下に実際の動作の動画を添付しておきますね。

子どもが小さく、書斎の本やパソコンにイタズラするので、室内用で取り付けました。

ホームセンターにある様な鍵付きのドアノブを最初は考えたのですが、部屋に入るたびに鍵を用意するのが面倒なのと、既存のドアノブの穴と合いそうに無くドアノブが2つできるのがカッコ悪いので、これを選びました。

付属のカードかパスワード入力で解錠できるので凄く便利で、デザインもカッコいいです。選んで正解でした。

SHS-1321【星4.5】 ¥12,000

こちらも内側に解錠のボタンは付いていますが、ロックは上のものよりも簡易的ですね。

安価に利便性を追い求めた製品と言えるでしょうか。

そのかわりに二重ロックが設定できるようになっています。

暗証番号とカードで解錠できるようになっています。

自宅1事務所2キャンピングトレーラー1計4か所につけています
外扉に2つ付けてます、雨に濡れても3年になりますが今のところ壊れていません。
ナンバーディスプレイの表面が太陽の紫外線で細かいひび割れができてます。
表面的なものなので完全に割れているものではなく雨がはいっているわけではありません
なので今は紫外線保護フィルムはっています
鍵を持ち歩かなくていいのと、事務所と倉庫は多人数出入りするので重宝しています

SHS-2920 【星4】 ¥11,000

こちらはスマートキーと暗証番号、カードの3パターンで解錠できるタイプです。

スマートキーが6つもついており、大変便利です。

スマートキーは国内の製品でもオプションとなっていることが大半なので、これはお買い得ですね。

ただし、カードに関しては日本ではあまり普及していないMyfareのみの可能性がありますので、注意して下さい。

こちらも内鍵は最上位のものと比較すると、簡易的なものです。

滅多にないことですが家族の鍵の持って行き忘れや、日々の鍵の閉め忘れの対策として、レビューやブログを参考に購入しました。

取り付けも購入前に調べてましたので、特に問題なく簡単に取り付けられました。我が家では元の鍵を外して空いた穴にそのまま取り付けが出来ました。

スチールのドアに取り付ける際には、ドリルビット(僕はインパクトドライバーに取り付けて使いました)があった方がいいと思います。高さの調整用にはホームセンターにある固めのゴムシートが最適でした。

キーの登録も暗証番号の登録も問題なくでき、オートロックも問題なく作動しています。鍵を持たなくていい、閉めたか確認しなくていいのは思った以上に便利で、家族も非常に喜んでいます。

ただ、ゴミ捨てやポストの確認など、わずかな時間でロックされるのは不便です(笑)この時間が「1〜5分」程度で自由に設定できれば、最高のアイテムだったと思います。

SHS-2920 EX【星4】 ¥11,000

こちらは2920の改良版ですね。

こちらも内鍵は簡易タイプで、スマートキーが6つ付属しています。

基本的には上のものと同じかと思いますので、EXであるこちらを購入しておけば間違いないはずです。

かっこいい!
取り付け方法がめちゃめちゃ簡単なので、女の人一人で30分もかかりませんでした。
ただ、本体じゃなくて、ストライクを付けるためには、鉄板に新しく穴を開ける必要があるので、そこがちょっと大変だったかな。
もちろん電動ドライバーは必須です。
賃貸物件なら管理会社と要相談になると思います。

生活の質が上がりました。
最初はデジタルドアロックに疑問を持っていた旦那も、いざ使ってみたら気に入ってるようです。

価格と利便性を重視するならサムスン製はおすすめ!

ということで、一通り現在販売中の製品をまとめてみました。

わずかな差ではありますが、一般の開きドアタイプなら、星が4.5のSHS-1321が

値段も性能も必要十分なので、個人的には一番おすすめですね。

とはいえ、どの製品も星評価・購入者レビューがとても高く、その実績が確認できたかと思います。

基本的に商品のレビューというのは、価格が上がるほど星の数も増えるといわれております。

その理由は価格が高いほど製品開発にお金をかけられることで高性能な製品を作ることが出来るからですが

1万円前後の価格でこれだけのレビューを維持できるというのは、すごいことなのではないでしょうか。

1万円というと、簡易スマートロックのSESAMEやSADIOT LOCKなどと同じ価格帯になりますが

それらのレビューを見ても、製品にはかなり不備があったりするようなので、

今回紹介したサムスン製品のコスパは抜群といえるでしょう。

スマホ連動はありませんが、スマホと連動することで起こるトラブルも多いので、

そういったリスクをあえてとらないという合理的な判断をするのであれば、

サムスンのスマートロックは、個人的にとてもおすすめしている製品です。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

同価格帯の簡易スマートロックと比較される場合は、以下の記事を参考にして下さいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スマートロックについて、日本一詳しいサイトを目指して、作っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる