【トラブル必至!?】中古のスマートロック購入がおすすめでない3つの理由【新品を買おう】

スマートロックは日々の生活を大いに便利にする製品であり、沢山あるIoT商品の中でも特に私が一押しでおすすめしています。

そんな私がスマートロックに関するサイト「スマートロックプロ」を立ち上げ、これまでに基本的情報からトラブル対応、おすすめの製品まで、さまざまな角度でスマートロックについてお伝えしてきました。

スマートロックをいざ選ぼうと思うと、一番最初に「中古と新品、どっちを買うべきか」という疑問を持つ方もいるかも知れません。

これは結論から言うと、「新品」を買うようにしてください。

この結論をもとに今回は「中古のスマートロック」の購入の是非を中心に解説していきたいと思います。

スマートロック市場そのものがまだ成熟しきっていないこともあり、多くの中古製品が出回っている印象はあまりありませんが、今後スマートロックがより普及していくにつれ中古市場も同時に拡大していくでしょう。

今回の記事はそうなった時に「中古で良さそうだけど購入すべきかどうか」の参考にもなると思いますので、ぜひ最後までお読み下さいね!

目次

中古のスマートロック購入はおすすめしない

先に結論をお伝えしましたが、そもそも中古のスマートロック製品の購入はおすすめしません。

もちろん新古品のような「ほぼ使っていない状態」の良いものは別なのですが、普通の中古製品としてネットの通販やオークションサイトなどに出回っているものに関しては購入は控えた方が良いでしょう。

その理由は主に以下のような3つがあります。

理由1:商品の状態確認が難しい

まずいちばん重要な部分が、商品の状態を確認できない点です。

例えばスマートフォンなどであれば、中古市場も成熟しており各商品がその状態によって細かくランク付けされており、余程の悪徳業者以外は既に信用できるレベルに達していると思われます。

しかし冒頭でお伝えしたようにスマートロックの場合はまだ中古市場が小さく、さらに「状態を見極める」ことが出来る専門的な人材も不足している為、販売者が一方的に伝える製品の状態を鵜呑みにして購入するにはリスクがあります。

そのようなリスクを避けるためにも、製品を購入する場合は新品を購入するようにしましょう。

理由2:これまでの使用環境を知る術がない

次に、今までの履歴がわからないという点です。

これは先程の製品の状態にも関係しますが、またスマートロックの状態を知るにはその使用環境(使用頻度)が最も重要になります。

例えば同じスマートロック製品を1年間使用したとしても、一人暮らしの家で1日10回程度しか操作しなかったものと、オフィスに導入されていて1日100回操作されたものとでは、当然製品の耐久性の劣化に大きな差が出ます。

中古車などであれば、車検証の記載内容や走行距離などからかなり明確にこれまでの使用環境を知ることが出来ますが、スマートロックに関してはそれは困難です。

これは中古として販売する上での販売価格にも影響し、これまでの使用環境が適切に価格に反映されているかどうかが判断しづらいということにもつながります。

状態の良い中古でも値段が安かったり、逆に高かったりしても、それが本当に正確な情報であるかどうかは、見極めができません。

理由3:部品欠損のリスク

多くのスマートロック製品がありますが、その大半は本体以外にもたくさんの取付け部品が付属されています。

これは様々なドアのタイプや、既存の鍵との交換互換性を持たせる為ですが、購入した中古スマートロックにはそれらの部品が欠損している可能性も考えられます。

多くの場合、スマートロックを取付け(交換)した後にも、使わなかった部品というのが出てきます。

これはその人にとっては不必要な部品になり、最初から中古として売ることを想定していない限りは、その部品の管理は雑になりがちです。

特にスマートロックの設置を業者に頼んだ場合は、不必要な部品はそのまま持ち帰って廃棄されたり、予備としてストックされたりしています。

こういったことを知らずに悪気なく「今まで正常に動作しているから全ての部品は揃っている」として販売されると、購入した人にとっては部品の欠損で不利益を被ることになりかねません。

「悪意のない場合」というリスクが存在してしまうのが、中古取引です。

トラブルのリスクを知る

このように中古製品を買おうとすると考慮すべき問題は大きく3つあるわけですが、中古スマートロックの状態やそれまでの使用環境(使用頻度)などが、仮に適切に販売価格に反映されており、様々なリスクを承知の上、納得して購入する場合はもちろん個人の自由です。

しかしこのリスクというのは、ことスマートロックに関しては重大なトラブルとなる可能性も控えているのが特徴です。

スマートロックが不良品となった場合、最終的には「故障して家に入れない」」というトラブルに直結しかねませんので、安易に考えずに十分に検討する必要があります。

まとめ:しっかりした新品の製品を買おう!

今回は中古スマートロックの購入の是非についてお伝えしました。

状態がよく安心して使え、かつ価格も安いお買い得な中古製品を見つけるのは現実的にはとても難しいものがあります。

特にネット上の情報だけでは専門家でも判断できないことが多いですので、購入を検討されている人は注意することをおすすめします。

最終的に「トラブル」付きで「安物買いの銭失い」になってしまう可能性もありますので、スマートロックに関しては新品で、かつ実績や信用のおける商品購入一本に絞っていきましょう。

スマートロックの相場は幅がありますが、ある程度の機能を持った信頼の置ける製品は3〜5万円ほどの中価格帯に多い傾向があります。

以下の記事は中価格帯製品を紹介した商品レビュー記事になります。

総合的に判断して、具体的な製品選びを行っていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スマートロックについて、日本一詳しいサイトを目指して、作っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる