【電子錠】スマートロックとは?玄関に取り付ける新しいタイプの鍵を解説します【デジタルロック】

本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

これをお読みの皆様は、少なからず「スマートロック」というワードに興味があって、

ご来訪頂いていると思います。

スマートロックは、ドアを施錠するための「鍵」の一種です。

わかり易くいうと、「電子錠」という表現が一番近いのかもしれません。

今までのような物理的な「家のカギ」が不要で、

ドアのカギを開け締めすることが可能な「電池式」のカギのシステムのことをいいます。

この「スマートロック」はまだ日本では一般家庭に普及はしていませんが、

実は欧米や韓国など一部の国では、既にかなり高いシェアを誇っている「新しい鍵の形」になります。

その本質は物理的な「カギ」を持たずに、玄関やお部屋のドアの鍵を開け締めできるというものでありますが、

家中のモノをインターネットへ繋げて、快適で便利な生活を送るための「IoT技術」

いわゆるスマートホーム化するための製品の1つでもあります。

スマスマ夫

スマートホームとは、自宅の電化製品をインターネットでつないでスマホや音声でコントロールしたり、センサーやGPSで自動でコントロールしたりといった「システムにより快適な暮らしを実現する家」のことですね。

家中の電化製品をインターネットで統合し、制御することによって圧倒的に上質な暮らしが実現できますよ。

目次

スマートロックはIoTの一種!

先程もお伝えしましたが、スマートロックは物とインターネットをつなげる、

いわゆるloT(アイオーティー / Internet of Things)デバイス製品です。

IoT製品の種類は色々ありますが、

スマートロックの場合は「カギ」と「インターネット」を繋げることで、

自宅への入退室を便利、かつ安全にしようというものですね!

ちなみに、一口にスマートロックといっても、その種類は多種多様。

取り付ける場所も異なれば、防犯のレベルも異なり、

さらにドアの開け方も、スマホで行うものもあれば、暗証番号やPASMO等のカード式のものまで様々。

スマートロックは2021年現在、ほぼ全くと行ってもいいほど一般家庭には広まっていませんが

実は、すでに沢山の種類が販売されています。

スマートロックは事業者に先に浸透中!

とはいえ、実際にたくさんの製品が販売されている中でも、自宅へ導入している方はまだごくわずかです。

というのも、スマートロックの最大ともいえるメリットは「管理」の部分。

誰がいつ入退室したかのログが残ったり、オートロックであったり、暗証番号をスマホ操作で変更できたりといった

従来の鍵にはなかった方法で管理が可能なので、

今までは販売先のメインとして、主に事業者の方々に一定の需要が生まれていたんです。

特に「不動産業界」や「民泊」、「コワーキングスペース」や「介護施設」など、

施設の一部を貸し出すことで成り立つ商売では、

その場にいなくても管理が出来るということで、事業者の間では認知度が急拡大してきたからです。

事業者に受け入れられているということはつまり、

セキュリティの点でも、強い安心感を得られるというわけです。

とはいえ、事業者だけでなく一般家庭にもメリット盛りだくさんの「スマートロック」

日本は人口も多く、スマホの普及率も高いので、スマートロック市場的には伸びると予想されています。

本サイトでは、そんなスマートロックに関する全てのことをわかりやすく説明していくことで

国内におけるスマートロックの普及に貢献していきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スマートロックについて、日本一詳しいサイトを目指して、作っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる